日本の農業を託すべき強い農業者を育成し、
あるべき新しい農業を育てます。

今、我が国の農業が抱える課題は深刻です。
農業の現場には生き残りをかけた大きな改革が必要です。
国も農業の再生支援を開始しようとしていますが、農業は閉鎖された産業であり
個々の努力には限界があります。
私たちは、アイアグリ鰍ナ築いた農家と農業関連業界のネットワークを活かし、
必要な改革の1つ1つを丁寧に農業現場に伝え、
改革の実現を支援いたします。

私たちは、農業現場に
   改革の一つひとつを丁寧に伝えたい。

新規就農支援

  • 第三者経営継承での独立
  • FC農場での独立(有機栽培)
  • Ad Hoc Farm Project
    (農業団地化構想)

将来を担う人材の育成と確保を目的とした新規就農者支援です。 意欲ある人材を就農に導くことで、栽培技術や農地などの農業財産の 喪失をくいとめ、さらに離農問題や耕作放棄地等、社会的な問題の解 決に貢献します。また、企業の農業参入支援により地域に新しいビジネ スチャンスを創ることを目指します。

JGAP取得支援

  • 個人認証取得
  • 団体認証取得
  • 各種JGAP指導員研修開催
  • (日本GAP協会公認研修機関)

農業生産の工程管理基準であるGAPの推進及び導入により、よりよ い農業生産の実現を支援します。 第三者認証制度を持つJGAPを農業者や産地が導入することで、 農産物の安全性向上、市場での競争力の強化、農業経営の改善や効 率化、環境保全、消費者の信頼に繋がり、ひいては農業生産全体の 活性化及び地域全体の経済活動を活性化することを目指します。

6次産業化支援

  • ビジネススキーム立案
  • 企業間コラボレーション
  • 市場外流通販路開拓

6次産業化は、農業を地域ビジネスや産業として成功させる取組みと して重要なテーマです。 農業生産から、食品加工・製造・流通・販売までを総合的に連携させ 展開するため、我々は需要者と生産者の橋渡し役をいたします。 生産からマーケティング、需要家とのコラボレーションなどの活動を 生産者目線で考える6次産業化プランナーとして支援します。

ページの先頭へ