農業の新たな可能性を創造します。

6次産業化は農業を地域ビジネスや産業として成功させる取組みとして重要なテーマです。
農業生産から、食品加工・製造・流通・販売までを総合的に連携させ展開するため、
我々は需要者と生産者の橋渡し役をいたします。

現在の6次産業化では、生産者自身が創意工夫をして6次産品と称される加工商品を開発して
販売する姿が多くみられます。直売所・道の駅・百貨店・こだわりの店等への販路が広がり、
付加価値を持った商品開発として生産者が新たに取り組んでいます。
行政もアグリビジネス講座などと銘打って支援体制を強化しています。

私達は、生産からマーケティング、需要家とのコラボレーションなどの活動を、
生産者目線で考える6次産業化プランナーとして生産者を支援します。

また、私達は、この他にも新たな6次産業化の姿は無いかと模索しています。
他企業とのコラボレーションを通じて、
農産物に更に新しい付加価値を加えることが出来ないかと考えています。
それぞれが得意な分野で勝負をすることで新たなモノを作り出すことが出来ないかと。

生産者は、より高品質な農産物を低コストで必要なだけ安定供給出来る体制作りを行う。
この原材料を加工する2次産業者は、その素材を活かす加工技術をもってして製品化する。
マーケティングや販売にたけた3次産業者は、この製品の拡販に注力していく。



これが「産業」としての
6次化の実現ではないかと私達は考えています。
コラボレーションする企業や事業規模によっては、
生産者は組織化する必要に迫られるかもしれません。
農業を産業として捉えていこうという所以はここに
もあります。
共に繁栄していくためには、生産者自身が経営者と
して農業を捉えていかなければならないと私達は考
えています。

このような仕組み作りをコーディネートすることが
私達の役割と考え、6次産業化支援をいたします。




※事務局長の富田浩司が、平成24年度
6次産業化プランナーとして認定されました。

ページの先頭へ