12月13日(金)これからの農業経営を考えるセミナー
目指そう!大規模農業経営

〜日本の農業環境を考慮したこれからの農業の在り方〜 農政の大きな政策転換や食料消費の減少等、世の中の変化に伴い農業環境は激変しています。競争激化の中で、5年〜10年のうちには、農業生産額10億円の農家も産まれると言われています。継続的に農業経営を行うためには、革新的な改革と経営戦略が必要です。この環境に生き残り、発展し続ける農業経営を 目指す農業者を、「NPO法人日本農業支援センター」は全力でサポートします。
  過去50年で養豚は600倍、採卵鶏は1700倍の経営規模になりました。(農林水産省調べ)農林水産業の産業化には規模拡大は不可欠です。又、それを担う「人材」の確保と育成は重要な課題です。
  それらを解決する手立てや、農業経営者として知るべき様々な営農の知識について共に学ぶ場として本セミナーを開催します。 未来を見据えた農業経営の為に共に学びましょう。
ぜひご参加ください。

参加を希望される方はメールフォームより必要事項をご記入の上、送信をして下さい。折り返し受付の確認連絡をさせて頂きます。

NPO農業支援センター
事務局長 富田浩司

セミナー詳細案内

日時:2013年 12月 13日(金) 13時30分から16時30分

場所 :いこいの村涸沼(茨城県鉾田市箕輪3604)

対象者 :茨城県近隣の農業事業者
    規模拡大を考えている方、人を雇用したいと考えている方

主催 :NPO法人農業支援センター

協賛 :アイアグリ株式会社  株式会社常陽産業研究所

後援 :公益社団法人 日本農業法人協会

次第 @生き残る為の3つのパターン
   市場変化とあるべき経営の姿、規模拡大を見据えた事業計画、人材確保
    と人材育成
   講師:NPO法人農業支援センター 理事長 玉造和男

   A人を雇用するということ【人材育成】
    労災保険、雇用保険の加入について、社会保険の加入について 、
    福利厚生。
   講師:齋藤金融・年金・労務相談事務所 副所長 船橋信正

   B農業法人化のメリット・デメリット  
    法人化の要件、手順 メリット、デメリット
   講師:公益社団法人日本農業法人協会 総務課長 新井孝

   C事務連絡

費用 :無料



セミナー参加お申し込みの方は
  • ブナの木 写真

    ブナの木

    2011.09.12

  • ブナの木 写真

    ブナの木

    2011.09.12

  • 尚、定員になり次第募集を〆切らさせていただきますことを、あらかじめご了承下さい。
    定員に達した為、セミナーの募集は終了しました。
    ページの先頭へ