11月1日(土)2014年度「第2回」就農セミナー開催しました

2014年11月1日 平成26年度第2回目を開催せていただきました。
小雨降る中、関東近県また遠方よりおこしいただき多くの方に参加していただきありがとうございます。 約半数の女性の方が参加され、「農業女子」の就農への関心の広がりを感じます。 ちょうど東京新宿のデパートで農林水産省の“農業女子プロジェクト”に参加する農業従事者の農作物や加工品の販売会が行われているのを自宅に戻ってからのニュースで知り、弊社でも一人でも多くの女性が農業従事者となるお手伝いが出来ればと感じました。
就農方法(茨城県での就農にはチャンス大)、就農への心得、農業技術取得の大切さを中心に行ったセミナー、今回の内容はいかがでしたでしょうか?
内容は下記の講師の方の欄にてご確認ください。

皆様に就農について興味を持ち、理解を深めていただけるよう活動を行っていきます。
ご質問等がありましたらお気軽にメールにてご質問下さい。

                      NPO農業支援センター 事務局長 富田浩司


セミナーの様子はこちらから 写真をクリックすると大きくなります

  • セミナー会場

  • セミナ−会場

  • NPO農業支援センター
理事長 玉造和男<br />

  • NPO農業支援センター
理事長 玉造和男

  • NPO農業支援センター
事務局長 富田浩司

  • 公益社団法人茨城県農林振興公社<br />
担い手支援部 次長 中嶋直美

  • 公益社団法人茨城県農林振興公社<br />
担い手支援部 次長 中嶋直美

  • NPO農業支援センター
事務局長 富田浩司

セミナー講演内容

日時:2014年 11月1日(土) 13時30分から16時30分1
場所:つくば国際会議場 406会議室(茨城県つくば市竹園2-20-3)
主催:NPO法人農業支援センター
後援:公益社団法人 茨城県農林振興公社

■セミナー挨拶  NPO法人農業支援センターの役割
NPO農業支援センター 理事長 玉造和男
・学びたい農業技術を応援
・農業支援センターが紹介する就農者への農場紹介
・就農後の生産支援 ・農業をビジネスとしてとらえる
・茨城県での就農のメリット
・農業を始めるインフラ条件が整っている
・行政がバックアップ

■あなたがやりたい農業の形 「雇用就農」or「独立就農」
講師:NPO農業支援センター 事務局長 富田浩司
・「農業につきたい?」あなたは○○○の農業がしたいってちゃんと決まって
  いますか?
・独立就農を目指しても明日からすぐできるわけではない!
・事業としての経営方法
・ビジネスとしてとらえる心構え需要と供給のバランス
・師弟の絆プロジェクトの説明(茨城アグリ協議会、研修受け入れ先)
・就農するにあたり大事な事(研修先の選び方)
・独立就農支援者/雇用就農支援者の情報提供(農地の確保)

■茨城県の農業と新規就農支援
講師:公益社団法人茨城県農林振興公社担い手支援部 次長 中嶋直美 様
・茨城の農業の状況
・農業従事者の減少、大規模農家が増えてきている。
・高齢化による減少、逆に今がチャンス
  (農地の問題などがクリヤーしやすい)
・茨城県就農状況 ・農業従事者になるための課題解決
  (お金の問題、土地の問題、人・農地プラン等)
・就農支援に関する各種制度
  青年等就農計画認定制度
  青年就農給付金(国)
  ニューファーマー育成研修助成事業(公社)
  農の雇用事業 

■その他
・宿泊型農業研修についての説明
・ 農場見学ツアー(小美玉市、行方市周辺)の説明


ページの先頭へ